2 血管再生

現在、腎不全等により血液透析を必要とされる患者さまの多くは、バスキュラーアクセスとして自己血管内シャントや人工血管を使用されています。しかしながら、従来の自己血管を用いた治療の際には血管の採取に限界があり、また、これまでの人工血管は、人工的な材料から出来ているため感染症や狭窄などの課題がありました。
サイフュ―ズは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)事業の支援を受け、「バイオ3Dプリンタで造形した小口径Scaffold free細胞人工血管の臨床開発」において、佐賀大学、京都府立医科大学と共同で、独自の三次元細胞積層技術によって、スキャフォールドを使用せずに、細胞のみから成る立体的な血管構造体を開発することに成功しました。
線維芽細胞等の細胞のみから作製される血管構造体は、研究開発により、現在、強度と長期開存を確認しています。
今後、サイフューズは、感染性に強く、高い弾力性を有する細胞製の血管構造体の開発をさらに進め、糖尿病をはじめとする血管障害で苦しんでいる透析患者さまへ新たな治療法を提供することを目指しています。
将来的には、重症下肢虚血の血行再建や冠動脈バイパス術や脳血管・小児用血管等の領域拡大への展開に加え、この細胞のみから作製された管状の細胞構造体による機能再建の技術が発展することにより、消化器、泌尿器等の血管以外の領域での再生医療拡大についても大きく期待されています。

小口径細胞性血管を必要とする患者さま