1 骨軟骨再生

損傷が骨まで進行し、骨軟骨の同時再生を必要とする患者さま

関節の軟骨は血流がないことから自己再生能力が極めて乏しく、一旦損傷すると欠損が進行して重度化しやすい部位です。従来の軟骨再生製品は、関節表面の薄い軟骨層の損傷のみを対象疾患としており、軟骨層を支える軟骨下骨の層まで損傷が及ぶ場合には、人工関節への置換または経過観察による対処療法が選択されていました。
サイフューズは、九州大学と共同で、患者さま自身の間葉系幹細胞を用いて、独自の三次元細胞積層技術によって、スキャフォールド(ゲル等の人工的な足場材料)を使用せずに、細胞のみで立体的な構造体を作製し、骨軟骨欠損部へ移植するという新たな治療法の開発を進めています。
この細胞のみで作製した立体的な骨軟骨構造体は、欠損部への移植後、細胞自らが徐々に軟骨と骨に分化してそれぞれの組織を再生することが確認されています。
現在、サイフューズは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の委託事業「革新的医療技術創出拠点プロジェクト/HDMAC技術応用による変形性膝関節症における広範囲骨軟骨再生」(代表:九州大学)の支援を受け、本製品の臨床開発を進めています。
サイフューズの骨軟骨細胞製品は軟骨と軟骨下骨とを同時に再生させることが可能な新規の細胞製品であり、これまで効果的な治療法に乏しかった患者さまのQOL(Quality of Life)向上に向けて大きな期待が寄せられています。
今後、サイフューズは、この骨軟骨再生の開発をさらに進め、これまで困難とされてきた関節硝子軟骨の再生と、さらには骨と軟骨の同時再生という、世界初の画期的な治療方法で多くの患者さまに貢献することを目指しています。