三次元細胞積層システム機器

レジェノバ(三次元細胞積層システム機器)

専用3Dソフトウェアで細胞塊(スフェロイド)の三次元配置を指定して3Dデータを作成し、指定の剣山をセットしたレジェノバにより、立体積層が可能。

スペック

名称

三次元細胞積層システム

仕様

量:約450kg(本体ユニット重量430kg)
成: 本体ユニット(W1340×D825×H1740mm)
外部入力装置(W236×D272×H121mm)
コンプレッサー(W300×D382×H334mm)
3Dデザインソフトウェア
力:1.5kw(本体ユニット1.1kw)
源:AC 100V

3Dプリント可能細胞塊

サイズ:直径400~600μm

剣山

剣山9×9汎用

剣山9×9管腔構造用

剣山26×26

製品番号 NA1001 NA1002 NA1003
外寸法 W10×D20×H18mm W20×D30×H18mm
針直径 170um
針ピッチ 400um
針本数 81本 60本 676本
材 質 ステンレス、耐熱性樹脂

製品カタログ / 参考資料

レジェノバ 製品カタログ

アクセサリカタログ

製造、販売体制

総販売元:株式会社サイフューズ 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ
Tel: 03-4455-7872
製造元:澁谷工業株式会社 石川県金沢市大豆田本町甲58

サポート、消耗品等

~テクニカル・サポート~
当社では、レジェノバ®のお客様向けに、立体組織の3次元造形に関するトレーニングメニューをご用意しております。
システム導入時に含まれる「基本トレーニング」が終了した後も、お客様の研究を継続的にご支援致します。

【トレーニングメニューの例】
・細胞培養基本操作(培地作製,細胞播種,培地交換、継代)
・スフェロイド作製 / ・レジェノバ®を用いた立体組織作製 / ・バイオ・リアクターを用いた組織熟成 / ・培養プロトコルのご相談

専用消耗品・周辺機器

| 剣山 |
積層する組織の形状・サイズに応じて、最適な剣山をお選び頂けます。
針の材質には医療用途で実績のあるステンレスを用いており、積層した組織から抜去する際に異物が残留するリスクがありません。

| バイオ・リアクター |
積層後、細胞塊同士が融合し、組織として成熟するまでの間、周囲の培養液を循環させることにより、立体組織の隅々に酸素・栄養を供給するための装置です。目的とする組織の形状に応じて最適なシステムをご提案します。