ごあいさつ

サイフューズ(Cyfuse)という社名の由来は、「細胞」を意味する"Cyto"と、「融合」を意味する"Fusion"を組み合わせた造語で、細胞からの生体組織再生と、バイオロジーとエンジニアリングという異なる領域が融合して可能となる、私たちの独創的な基盤技術、この二つを象徴しています。
サイフューズには、この基盤技術をもって人類社会のお役に立つ新たな価値を生み出していきたいという私たちの願いと夢が込められています。

画期的な作用機序を有する新薬や新しい治療法が続々と登場する昨今においても、組織移植以外に方途のない疾患や既存の治療法では患者さまのQOL(Quality of Life)の大幅な低下が避けられないものがあります。
一方で、日本の再生医療は、iPS細胞をはじめ世界最先端といわれる恵まれた環境にあります。
このような状況において再生医療は、患者さまや医療現場の大きな希望の光となり得るものです。

私たちは、三次元組織再生の基盤技術の普及と個別の細胞組織の実用化を進め、一日も早く患者さまと社会に成果をお届けできるよう、また私たちの夢が現実のものとなるよう全力で事業に取り組んで参ります。

『細胞から、希望をつくる。』
今後とも皆さまの一層のご支援をよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
川野 隆清