DEVELOPMENT
研究・開発
  • HOME
  • DEVELOPMENT
  • プラットフォーム技術
DEVELOPMENT
Platform

プラットフォーム技術

  • バイオ3Dプリンティング

    「バイオ3Dプリンティング」というサイフューズの独自技術は、バイオロジーの領域にエンジニアリングの発想を取り込むという画期的な方法により、バイオロジーとエンジニアリングを融合させて誕生した新しい技術です。サイフューズは、3D細胞製品の実用化に必要となる技術応用を進めるとともに、中長期的な企業成長のための新技術開発を継続投入し、次世代の研究開発・技術開発につながる技術革新に取り組んでまいります。

細胞が持つ自己凝集能により形成される「スフェロイド」
撮影:株式会社ニコンエンジニアリング
バイオ3Dプリンティング
<サイフューズ独自の
バイオ3Dプリンティング技術>
バイオ3Dプリンタのロボットが、細胞が持つ自己凝集能により形成される「スフェロイド」と呼ばれる細胞塊を仮止め用の針上に専用のソフトウェアで読み込んだ3Dデザイン通りに多層に積み立てていくことで、立体的な造形を行います。
このスフェロイド同士が融合した後に、仮止め用の針から抜き去り、細胞のみから成る立体的な構造体を作製します。
その後、移植用途や研究用途で用いることのできる機能を備えた組織・臓器(3D細胞製品)として完成させます。
  • 培養容器内の「剣山」の針に、3Dデータに従って細胞塊(スフェロイド)を立体的に積層することにより、目的の組織・臓器の三次元形状を造形。

  • 「剣山」に積層された細胞塊(スフェロイド)は、数日間で互いに融合して一体の組織に融合。

  • 細胞のみから作製された組織(立体的な細胞構造体)は、移植時の高い安全性と機能性を長期間にわたり確保。